Yokohama Music Style 2022 ニュース イベント

実機が見られる希少な機会となったKigoshi Custom Guitars

横浜と同じ神奈川県小田原市でギターを製作しているギターブランドKigoshi Custom GuitarsがYokohama Music Styleに参加。展示モデルはKT-ArtistKT-StandardKT-ProなどとTiran 3sだ。

▲KTシリーズ

KTシリーズは、一見するとTLスタイルのボディにハムバッキングP.U.を載せたギターに見えるが、構造やアッセンブリなどは全く異なる。カスタムオーダーが多いので、ギターごとに仕様は異なるが写真左のKT-Artist では、ボディは、ホロー構造のアフリカン・マホガニー材を使用。トップはハードメイプル材となっている。また、小ぶりなヘッドにはアングルが付けられている。その上、P.U.はエスカッションを使用したハムバッキングP.U.を搭載している。Kigoshi Custom Guitarsはジャズギタリストの矢堀孝一氏のアドバイスを重視して製作しているのもあり、どちらかというとフュージョン/ジャズ系のサウンドに向いている。

元々、木工関係で定評があり、木材そのもの、木材加工ともに優れている。カスタムオーダー品が多いため、実機を目にする機会は少ない。(個人的に赤坂のVirtuoso AKASAKA(ヴァーチュオーゾ赤坂) で矢堀氏の使用実機を見たことがあるものの)今回は手に触れることができる貴重な機会となった。

 


▲Tiran 3s


▲レポート記事一覧は上のバナーをクリック!

 

-Yokohama Music Style 2022, ニュース, イベント

© 2022 ギタータウン