ニュース 製品

精悍なブラックでまとめた2ハムの特別仕様限定モデル EDWARDS E-SNAPPER-AL

EDWARDSからE-SNAPPER-AL -Black Limited-が20本限定で発売発売される。これはE-SNAPPER-ALをボディカラーや各パーツ類をブラックで固めた精悍な特別仕様モデルだ。

▲EDWARDS E-SNAPPER-AL -Black Limited-
価格= 217,800円(税込 / 税別198,000円)

ギターとしての基本性能はE-SNAPPER-ALである。ボディ材はアルダー、ネック材はハードメイプルを使用。指板材はボディカラーとマッチする濃いブラックカラーが特徴のエボニー材を使用している。また、ヘッドもボディと同様のブラックのマッチングヘッドで、ヘッドロゴは白蝶貝のシートを使った特製品だ。

チューナーはロック式のGOTOH SG360-07 MG-Tを搭載。ブリッジは2点支持トレモロユニットのGOTOH 510T-FE1でどちらもブラックカラーだ。

本製品は2つのハムバッキング・ピックアップを搭載している。ピックアップ自体がSeymour Duncanの特製品で、ブリッジ側がTB-14 Custom 5、ネック側がSH-2n Jazz。いずれもボビンが艶消しで、ダンカンロゴもブラックという特別仕様。1ボリューム/1トーンで、その2つのノブの間にあるミニSWでコイルタップできる。(レギュラーモデルに採用されていたネックピックアップのダイレクトアウト・スイッチは非搭載。)ピックガードもブラックのアノダイズド製で、シャープでソリッドな外見に加え、外来ノイズを強力にシャットアウトできる。

 

ギタータウンのコメント

本製品はいわゆるSTタイプをモチーフとしながら、演奏性とサウンドをESP流に昇華させたSNAPPERのEDWARDSバージョンを基にしている。最も目立つのは、ブラックを基調にした特別カラーだが、それらは写真でご覧いただけるだろう。むしろ、コイルタップ付き2ハム仕様には注目だ。2つのP.U.はそれぞれ異なるP.U.をチョイスしており、ぞらをコイルタップできる。つまり、ネック側を思い切りファットにも、ブリッジ側を思いきりシャープにもできる。その振り幅の広さは魅力だし、(プッシュ/プルではなく)タップの切り替えもミニSWだ。ピックを持った状態で切り替えできる利便性は大きい。価格は217,800円(税込)という設定だが、ルックス、機能、希少性の面でお買い得といえる実戦仕様といえそうだ。

 

《SPEC》

■BODY: Alder
■NECK: Hard Maple(CT System)
■FINGERBOARD: Ebony, 22Frets
■RADIUS: 305R
■SCALE: 648mm
■NUT: Bone (42mm)
■CONSTRUCTION: Bolt-on (Star-cut)
■TUNER: GOTOH SG360-07 MG-T
■BRIDGE: GOTOH 510T-FE1 w/ESP Custom Lab Tremolo Tone Spring Type-1
■PICKUPS: (Neck) Seymour Duncan SH-2n, (Bridge) Seymour Duncan TB-14
■PARTS COLOR: Black
■CONTROLS: Master Volume, Master Tone, 3 WAY Lever PU Selector, Coil Split Switch

【製品URL】
https://espguitars.co.jp/productinfo/24013

-ニュース, 製品
-

© 2022 ギタータウン