ニュース

米国ケンタッキー州の集中豪雨でRS Guitar Worksが浸水。寄付を募っています。

10月7日に米国ケンタッキー州ウィンチェスターで発生した想像を絶する集中豪雨により、
RS Guitarwoksの工房が浸水した。RS Guitarworksでは、この洪水によって在庫の80%を喪失。製造に必要な機械類もほとんどが損傷した。

現地のニュースサイトでも報じられており、
'It's hard to process': World-renowned Winchester guitar shop suffers massive flood damage, needs help
https://www.lex18.com/news/its-hard-to-process-world-renowned-winchester-guitar-shop-suffers-massive-flood-damage-needs-help-rebuilding

※本記事の最後に、和訳(提供:トーラスコーポレーション)を記載しています。

Winchester guitar shop needs help after devastating floods
https://www.wkyt.com/2021/10/10/winchester-guitar-shop-needs-help-after-devastating-floods/

 

いずれのサイトの動画を見ると、ギターファンであれば、あまりに痛ましい光景に目を覆いたくなるだろう。

RS Guitarworksは日本時間10月14日現在、工房の回復に向けての寄付を募っている。

https://bit.ly/3oPmQ0y

また、輸入代理店のトーラスコーポレーションでも、本来、非売品である商材などをイレギュラーに販売するオンラインショップを近く開設し、その売上すべてをRSへ寄付する予定だ。

https://www.facebook.com/tauruscorporation/posts/4471925006196442


【'It's hard to process': World-renowned Winchester guitar shop suffers massive flood damage, needs help 】和訳
ケンタッキー州ウィンチェスター(RS Guitarworks社は、10月7日に発生した大規模な洪水による被害を修復するために戦っていますが、オーナーは「その被害の大きさは理解できない」と語っています。
1996年にオープンしたRS Guitarworksは、世界中のスターのためにカスタムギターを製作してきました。
25年間かけて会社を成長させるために投資してきたことが、オーナーが何かを取り戻そうとする前に洪水によってギターショップが3フィートの水に沈み、瞬く間に消えてしまったのです。
「共同経営者のロイ・ボーウェン氏は、洪水の夜のことを次のように語っています。「建物の中をかき分けて、物を拾って棚に並べようとしていました。「しかし、120台ものギターがあるビルでは、水の上に物を置ける場所は限られていて、修理ができないことに気づきました」。
Bowen氏によると、建物の中に入るとギターや資料が散乱していたそうです。在庫の80%を失ったと推定しています。
"私のギターはどうですか?"とお客様が声をかけてくださるようになりました」。ボーウェンは言います。"私のギターはどうですか?"とお客さんが訪ねてくるようになりました。"これでは間に合わない "と言わなければなりません。
お金では買えないものも失った。
"2万円くらいのギターが置いてあるんだけど、これはお客さんのお父さんが弾き方を教えてくれたギターなんだよね。。」と。とボーウェンは言った。
スタッフは可能な限り在庫を回収する作業を行っていますが、機械類もほとんどが損傷しており、大規模な修理が必要になるか、完全に交換する必要があります。
また、建物自体も被害を受けました。壁にカビが生えるのを防ぐためにファンをつけていますが、洪水の勢いが強く、エアコンが壊れてしまいました。
共同経営者のScott Leedy氏によると、それは交換する必要があるとのこと。
Leedy氏は、「私たちは、すべての災害に圧倒されていて、処理するのが難しい」と述べています。"我々は今、数十万ドルの損害を被っているかもしれない。"
スタッフは、被害状況の調査が完了した後、月曜日に片付けを始めました。3日後の現在も、被害状況を確しながら作業を進めており、救出可能なものは倉庫に保管して、建物を徹底的に洗浄する予定です。
Leedy氏は、復興への道のりは不透明だと言います。建物が洪水地帯に位置していないため、洪水保険に加入していないし、天候による被害が大きいため、FEMAが支援を提供する資格がないかもしれないという。
"誰も助けてくれないのに、どうやって35万ドル以上の損失を出したのか?"ボーウェンはこう言った。「このままでは(26年目の)節目を迎えられない。残念ながらこの状況になってしまった」。
「祈りを捧げ、腕まくりをして、毎日顔を出して、できる限りのことをして、誰かが来てくれて、再建の手助けをしてくれることを願っています。
無期限に閉鎖されていたRS Guitarworksの再開に向けて、GoFundMeで資金を募っています。
LeedyとBowenは、彼らが必要としている時に、人々が支援してくれることを望んでいます。

-ニュース

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5