ニュース 製品

アイバニーズからIcemanをシェイプのテナー・ウクレレUICT10が登場

アイバニーズのIcemanは、Kissのポール・スタンレーやポール・ギルバートなどハードなロックのギタリストが愛用してきた“ギター”だ。そのIcemanのボディ・シェイプをモチーフにした“ウクレレ”がスポット生産で発売される。

 

UICT10
価格=各41,800円(税込)

▲CA (Candy Apple)

 

 

▲MGS (Metallic Gray Sunburst)

 

▲MM (Midnight Metallic)

このウクレレはテナー・ウクレレと呼ばれ、ややスケールが長めの432mmスケール。ソプラノ、コンサート・ウクレレよりも大型で、むしろミニ・ギターに近いサイズ。ウクレレなので4弦で、調弦は「4弦=G、3弦=C、2弦=E、1弦=A」。出荷時は4弦がHigh Gとなっているため、4弦=Low Gにするには自己責任でナットを改造する必要がある(メーカーは非推奨なのでご注意を)。

独特なボディ・シェイプで、トップ材にはスプルース材、ボディ材にはオコウメ材を使用。このボディ部分はIcemanの複雑な形状を再現するために、オコウメ材をくり抜いている。そのため、一般のウクレレよりも重量がある。指板にはパープル。ハート材を使用している。

 

 

 

ボディ・カラーはウクレレでは珍しいグロスのメタリック・カラーがラインナップ。

▲CA (Candy Apple)

▲MGS (Metallic Gray Sunburst)

▲MM (Midnight Metallic)

やはり、Icemanを基にしたモデルなので、ピックアップは不可欠だ。ブリッジ部は硬質なパープルハート材を使用している。エレクトロニクス・部分には2バンドEQを搭載した“ウクレレ専用”AEQ-2UTプリアンプを使用している。これは低音域と高音域をそれぞれコントロール可能なプリアンプ(これは4弦=High Gに最適化されている)。プラグインするだけで、手軽にエレクトリック・アコースティック・ウクレレとして演奏できる。またオンボード・チューナーを内蔵している。ソフトケース付属。

 

《SPEC》

■Body Shape : Iceman Tenor Ukulele body
■Top : Spruce top
■Back & Sides : Okoume back & sides
■Neck : Okoume neck
■Fretboard : Purpleheart fretboard
■Bridge : Purpleheart bridge
■Nut&Saddle material : Plastic nut & saddle
■Tuning Machine : Grover Chrome Open Gear tuners w/Chrome knobs
■Strings : Ibanez/Aquila NYLBLACK Ukulele strings
■Pickup : Ibanez Under Saddle Pickup
■Preamp : Ibanez AEQ-2UT w/Onboard tuner
(バッテリー:ボタン電池(CR2032)×2が必要です)
■Finish : Gloss

■Neck Profile
・Scale 432mm
a : Width at Nut 37mm
b : Width at 14th Fret 48mm
c : Thickness at 1st 18mm
d : Thickness at 7th 19mm
・Radius 400mR
a : Length 12 5/8"
b : Width 9 1/4"
c : Max Depth 2 3/8”


【製品問い合わせURL】

https://www.ibanez.com/jp/

-ニュース, 製品
-

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5