ニュース 製品

エピフォンからGibson Acoustic Collectionsが発売

エピフォンから『Gibson Acoustic Collections』がアナウンスされた。

現在のギブソンのアコースティック・ギターはアメリカのモンタナで作られており、伝統に沿ったハンドメイドながら最新の木工/塗装技術などを導入している。そのモンタナ製は高額なギターが中心だ。一方、ギブソン社は傘下に中国で作られているエピフォンがある。エピフォンはギブソンのブランド中で一番下、価格も数分の1に過ぎないので、ギブソンと全く同じ質にはならないのは仕方がない。しかし、Inspired by Gibsonシリーズはギブソン傘下のブランドとして恥じることがない内容を持ったシリーズだ。今回、そのInspired by GibsonシリーズとしてJ-45、J-45EC、Hummingbird、Hummingbird 12-String、J-200が登場した。それらのエピフォンのアコースティックの魅力を解説しよう。

Epiphone Inspired By Gibson J-45

■ギブソン版のJ-45について
ギブソンのアコースティックで最も生産量が多いのはJ-45とその派生モデルだ。Sloped Shouldered Dreadnoughtと表記されているJ-45のボディ・スタイルは日本ではラウンド・ショルダーとも呼ばれている。これはボディのネック側が"なで肩"なことがデザイン上の特徴。また、カラーはチェリー・サンバーストなどもあるが、ブラウン系のサンバーストやナチュラルが映えるデザインでもある。サウンドのキャラクターはリリカルで繊細なサウンド。世界中のシンガーソングライターやフィンガーピッカーたちに愛用されてきた。どんな音楽にでもフィットしやすい音がギブソンのJ-45の人気の秘密だ。

Epiphone Inspired By Gibson J-45
価格=96,000円(税別)

Epiphone Inspired By Gibson J-45は、ギブソンのJ-45の仕様を受け継いだ廉価版。特に10万円を切る価格で本格的な仕様を継承しているのは驚きだ。
ボディ・トップはシトカ・スプルースの単板、サイドとバックはマホガニー単板。アコギに最も重要なボディ材は全て単板を使用している。ネックはマホガニー、握りやすいラウンドCのグリップを採用。世界市場向け製品なので、指板とブリッジの木材はインディアン・ローレルを使用している。それらの基本仕様に加えて、エレアコ化がされており、ピックアップにはFishmanのSonicoreを搭載している。ヘッドは60年代のエピフォンの形状となっている。ギブソン系のアコギのエントリーに最適な1本だろう。

▲バック

Epiphone Inspired By Gibson J-45 EC
価格=103,000円(税別)

Epiphone Inspired By Gibson J-45 ECはカッタウエイがあるモデルだ。フィンガー・ピッキングやリードギターを弾く人には、ハイ・ポジションでの弾きやすさがありがたいカッタウエイ付きのギターだ。

《Epiphone Inspired By Gibson J-45 Spec》

Body
■Body Shape:Sloped Shouldered Dreadnought ■Body Material:Solid Mahogany ■Top:Solid Sitka Spruce ■Back:Solid Mahogany ■Side:Solid Mahogany ■Bracing:Quarter Sawn Spruce ■Binding:Top - 4-ply Ivory and Black; Back - 1-ply Ivory ■Finish:Aged Gloss
Neck
■Material:Mahogany ■Profile:Rounded C ■Scale Length:24.72" / 628mm ■Fingerboard Material:Indian Laurel ■Fingerboard Radius:12.01" ■Number Of Frets:20 ■Frets:Medium Jumbo ■Nut Material:Bone ■Nut Width:1.69" / 43mm ■End of Board Width:2.26" / 57.35mm ■Inlays:Mother of Pearl Dots ■Joint:Tapered Dovetail
Hardware
■Finish:Nickel ■Tuner Plating:Nickel ■Bridge:Reverse Belly, Indian Laurel ■Saddle Material:Bone ■Tuning Machines:3 on a plate with Ivory buttons and press in bushings ■Pickguard:Tortoise Shell, J-45 Shape ■TrussRod:Dual Action ■Truss Rod Cover:2-ply, Bell ■Bridge Pins:Ivory ■Strap Buttons:2 - side of heel and endpin jack
Electronics
■Under Saddle Pickup:Fishman Sonicore ■Controls:Fishman Sonitone Soundhole mounted Volume and Tone ■Output Jack:Endpin Jack ■Preamp:Fishman Sonitone
Miscellaneous ■Strings:Gibson Phosphor Bronze Acoustic Strings .012, .016, .024w, .032, .042, .053 ■Case:Optional

【製品URL】
https://gibson.jp/acoustic/j-45
https://gibson.jp/acoustic/j-45-ec

Epiphone Inspired By Gibson Hummingbird

■ギブソン版ハミングバードについて
ギブソンのハミングバードはSquare Shouldered Dreadnoughtタイプ。日本では主に"スクエア・ショルダー"と呼ばれ、J-45よりもやや角張っている形状のギターだ。1960年に登場し、派手なピックガードとレスポールのような鮮やかなチェリー・サンバーストの色合いが人気のギターだ。このピックガードに描かれているのが、モデル名の"ハミングバード"(はちどり)だ。ロックのレジェンド・ミュージシャンに愛用者が多いので、力強いイメージがあるかも知れないが、楽器としてのサウンドは軽やかで、さわやかな印象を感じるはずだ。フィンガーでもストロークでも心地良い音が特徴といえる。

Epiphone Inspired By Gibson Hummingbird
価格=110,000円(税別)

▲Aged Cherry Sunburst Gloss

▲Aged Antique Natural Gloss

このEpiphone Inspired By Gibson Hummingbirdは、ギブソンのハミングバードの特徴を受け継いでいる。ボディのトップ材はシトカ・スプルースを単板で使用、サイド/バックはマホガニーを単板で使用。ネックはマホガニーだ。ハミングバードは音だけでなく、ルックスも重要なポイント。人気のAged Cherry Sunburst GlossとAged Antique Natural Glossがラインナップ。艶がありすぎない風格ある塗装。ゴールドのパーツやインレイ、そして、ハミングバードのピックガードは最大の魅力と言えるだろう。ヘッドの形状は60年代のエピフォン・スタイルだ。このモデルでもFishman Sonicoreピックアップを搭載しているので、ライブなどでも気軽に使える。

▲Aged Cherry Sunburst Glossのバック

▲Aged Antique Natural Glossのバック

Epiphone Inspired By Gibson Hummingbird 12-String
価格=117,000円(税別)

今回はハミングバードに12弦モデルも登場した。ステージ映えする12弦は貴重な存在で、必要な人には待望の仕様である。12弦仕様のため、ナット部の指板の幅が47.625mmとなっている以外の基本スペックは6弦と同様だ。

《Epiphone Inspired By Gibson Hummingbird Spec》

Body
■Body Shape:Square Shouldered Dreadnought ■Body Material:Solid Mahogany ■Top:Solid Sitka Spruce ■Back:Solid Mahogany ■Side:Solid Mahogany ■Bracing:Quarter Sawn Spruce ■Binding:Ivory and Black 6-ply (top) and 4-ply (back)■Finish:Aged Gloss
Neck
■Material:Mahogany ■Profile:Rounded C■Scale Length:24.72" / 628mm ■Fingerboard Material:Indian Laurel, Antique Ivory binding ■Fingerboard Radius:12.01" ■Number Of Frets:20 ■Frets:Medium Jumbo ■Nut Material:Bone ■Nut Width:1.69" / 43mm ■Inlays:Mother of Pearl Split Parallelogram ■Joint:Glued in, Tapered Dovetail Set Neck
Hardware
■Finish:Gold ■Tuner Plating:Gold ■Bridge:Reverse Belly - Indian Laurel ■Saddle Material:Bone ■Tuning Machines:Epiphone Deluxe with press in gold bushings ■Pickguard:Hummingbird Tortoise Shell with Graphics : Epoxy Style ■TrussRod:Dual Action ■Truss Rod Cover:2-Ply, HUMMINGBIRD in white ■Bridge Pins:Ivory ■Strap Buttons:2 - bottom and side of heel
Electronics
■Under Saddle Pickup:Fishman Sonicore ■Controls:Fishman Sonitone Soundhole Volume and Tone controls ■Output Jack:1/4" Endpin Jack ■Preamp:Fishman Sonitone
Miscellaneous
■Strings:Gibson Phosphor Bronze Acoustic Strings .012, .016, .024w, .032, .042, .053 ■Case:Optional

【製品URL】
https://gibson.jp/acoustic/hummingbird-2
https://gibson.jp/acoustic/hummingbird-12-string 

Epiphone Inspired By Gibson J-200

■ギブソン版J-200について
ギブソン社の最上級アコギとして長く君臨してきたフラッグシップ・モデルがJ-200である。大きなボディとアメリカ的な派手さを兼ね備えているので、大きな音量が出そうなイメージ。しかし、音量自体はそれほど大きくなく、低音から高音までストレスなく出せるギターだ。

Epiphone Inspired By Gibson J-200
価格=124,000円(税別)

▲Aged Antique Natural Gloss

▲Aged Vintage Sunburst Gloss

Epiphone Inspired By Gibson J-200は、ギブソンの最上級機のイメージをエピフォンという低価格帯の製品で再現しようとしている。トップはシトカ・スプルースの単板。特筆すべきはサイド/バックにフィギュアード・メイプルの単板を使っている点だ。価格設定がJ-45やハミングバードより高めだが、高級な木材をスーパー・ジャンボという大きなボディサイズで使用している。また、ネックも2ピース・メイプル/マホガニー・センター・ストリップというこだわりの仕様だ。また、装飾も豪華で、指板のインレイの形状、マザー・オブ・パールを使ったクラウン・インレイなど、エピフォンの中でもフラッグシップとしての扱いがされている。

▲Aged Antique Natural Glossのバック

▲Aged Vintage Sunburst Glossのバック

 

《Epiphone Inspired By Gibson J-200 Spec》

Body
■Body Shape:Super Jumbo Non-Cutaway ■Body Material:Solid Figured Maple■Top
:Solid Sitka Spruce ■Back:Solid Figured Maple with center strip ■Side:Solid Figured Maple ■Bracing:Quarter Sawn Spruce ■Binding:6-ply (top) and 4-ply (back) ■Finish:Aged Gloss
Neck
■Material:Two-piece maple / mahogany center strip ■Profile:Rounded C ■Scale Length:25.55" / 649mm ■Fingerboard Material:Indian Laurel ■Fingerboard Radius
:12.01" ■Number Of Frets:20 ■Frets:Medium Jumbo ■Nut Material:Bone ■Nut Width:1.69" / 43mm ■End of Board Width:2.26" / 57.35mm ■Inlays:Mother of Pearl Graduated Crowns ■Joint:Tapered Dovetail
Hardware
■Finish:Gold ■Tuner Plating:Gold ■Bridge:J-200 Moustache™ ■Saddle Material
:Bone ■Tuning Machines:Epiphone Deluxe with Keystone buttons and press in bushings ■Pickguard:J-200 Style Tortoise Shell with 2 Color Graphics ■TrussRod
:Dual Action ■Truss Rod Cover:2-ply Bell ■Bridge Pins:Ivory ■Strap Buttons:2 - bottom and side of heel
Electronics
■Under Saddle Pickup:Fishman® Sonicore ■Controls:Fishman Sonitone Soundhole mounted Volume and Tone ■Output Jack:Endpin Jack ■Preamp:Fishman Sonitone
Miscellaneous
■Strings:Gibson Phosphor Bronze Acoustic Strings .012, .016, .024w, .032, .042, .053 ■Case:Optional

【製品URL】
https://gibson.jp/acoustic/j-200 


-ニュース, 製品
-,

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5