ニュース 製品

EDWARDSのオーソドックスながら多機能なベースE-AP-CTMが発売

EDWARDSのオーソドックスながら多機能なベースE-AP-CTMが発売される。

 

EDWARDS E-AP-CTM 価格=184,800円(税込)

▲Alternative Black

▲Natural

▲Burner Turquoise

EDWARDSからESPのベースAPの流れを汲んだE-AP-CTMが発売された。このベースは、木部のオーソドックスな構造に加え、ハムバッキング・ピックアップを2基搭載。多彩な回路により、フィンガースタイルでもスラップでも対応する幅広いサウンドを生み出す。

ボディ材はアッシュ。ネックと指板はハード・メイプル材を使用。木材は定番の組み合わせ、ジョイントは6本のボルトによるボルトオン方式だ。カラーははソリッドなロックイメージのAlternative Black、シックなNatural、バーナーを使い杢目を強調したBurner Turquoiseがラインナップしている。

ブリッジにはHIPSHOT KickAssを使用。これは充分な質量があり、弦間ピッチを調整できる。サウンド面でもサステインがある。また、ブラックを採用することで、引き締まったルックスの源泉ともなっている。

エレクトロニクス関係は大変多彩な音作りが可能だ。まず、ピックアップにはセイモアダンカンSMB-4Aを2基搭載している。これはハムバッキング・ピックアップだ。また、回路にはESP CINNAMONを使用。これらが大変多彩なサウンドを生み出す。3バンドEQの近くにミニ・スイッチがあるが、これはピックアップ・バリエーション・スイッチだ。

これは

・2つのPUを直列で接続したパワフルなサウンド
・並列で接続したオーソドックスなサウンド
・片側のコイルだけを使ったシングルコイルのシャープなサウンド

の3つを切り替えできる。

これは近年、各社が注目し、ギターではかなり搭載されるようになってきたが、ベース、しかもアクティブ回路を搭載したベースでは効果が高い。これを積極的に楽曲に取り入れることで、誰も聞いたことがない音楽を生み出す可能性もあるだろう。

他に、ボディ・トップと弦の間隔が一般的なベースに比べ狭くなっており、人差し指などでのプル時に、指が必要以上に潜り込まないように工夫されている。サイド・ポジションマークには蓄光素材のルミンレイを採用している。

《SPEC》

■BODY : Ash
■NECK : Hard Maple
■FINGERBOARD : Hard Maple
■RADIUS : 305R
■SCALE : 864mm
■NUT : Bone (38mm)
■FRET : #216, 21frets
■INLAY : (Top) Black Acrylic Dot, (Side) Luminlay SBM-23G
■CONSTRUCTION : Bolt-on (6-bolt)
■TUNER : GOTOH GB-2
■BRIDGE : HIPSHOT KickAss™
■PICKUPS : (Neck) Seymour Duncan SMB-4A, (Bridge) Seymour Duncan SMB-4A
■PARTS COLOR : Black
■CONTROLS : Master Volume, PU Balancer, 3-BAND EQ(ESP CINNAMON), PU Variation Switch


【製品URL】
https://espguitars.co.jp/productinfo/22512/

-ニュース, 製品
-,

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5