Bookmark ショップインフォ

スラブボード&ブロンド FENDER Stratocaster 1961 Blond

ヴィンテージ市場では、特に人気となりがちな年代やカラーがあり、それぞれに魅力があり甲乙つけがたい。今回、東京・中目黒のディア・プルーデンスに入荷した61年のブロンドカラーのストラトキャスターは人気スペックを多分に持った1本なのでブックマークした。

▲FENDER Stratocaster 1961年 Blond

価格=ASK (価格は取材(2020年4月)時点のものです。)

 

スラブボードが人気の仕様となった理由

ストラトは当初、メイプル1ピース・ネックで登場した。それまでは一般的にギターの多くが指板材にはネック材とは異なる木材を使ってきた。しかし、レオ・フェンダーが開発したテレキャスターやストラトキャスターなどはネックをメイプルの1ピースで開発している。サウンドと製造工程の両面で画期的だったが、1958年のメジャー・アップデートでストラトキャスターもローズウッド指板へと変更されている。特に'62年途中までは、指板材にスラブボードと呼ばれる厚いローズウッドが使われており、現在のヴィンテージ市場では人気の年代となっている。

 

今回、紹介するのは'61年のストラトだ。本品はもちろんスラブボードで、使われているローズウッドもブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)である。ローズウッド指板はトーンウッドとしての効果が大きく、メイプル1ピース期やラウンドボード期という前後の時期と比較して、元々ブライトな部分を高音部を制御し、太いロック向けのサウンドへと導いている。これは指板材だけが原因ではないのだが、後年のロックやブルースなどで大音量で演奏するレジェンド・ギタリストたちが好んで使用したことで、数々名演が生まれ、現在も人気が高い。余談ながら、楽器店では近年のカスタムショップ製でもスラブボードの人気は高い。

 

▲ナット側から見た指板

▲ネック

フェンダーにとってブロンドは特別なカラー

このギターはブロンド・カラーだ。ブロンドはフェンダーにとって特別なカラーだ。というのも、この時期のストラトのボディはアルダー材が使われているが、ブロンド・カラーのモデルだけはアッシュ材が使われる事が慣例となっている。このギターでも、ボディにうっすらと木目が透けて見える。経年変化により、塗装のクラックや剥げはみえるが、コンディションは良好といえる。また、ピックガードもややミント・カラーになったホワイト。このセルロイド製のピックガードは割れやすいのが難点だが、トーンフィルターとしての役割を担っているとも言われる。

▲塗装が剥げた部分からはアッシュ材や塗装の層が見える。

その他の要素としては

  • スモール・ヘッド / スパゲティ・ロゴ
  • セフティ・チューナー・タイプのクルーソン・デラックス・チューナー
  • クレイ・ドットのポジション・マーク
  • ナイロン製のコントロール・ノブ
  • ランダム・ポール・ピースのピックアップ

など、この時期の仕様を良質な状態で保っている。

▲スモール・ヘッド

▲クルーソンのデラックス・チューナー

▲クレイ・ドットのポジション・マーク

▲ナイロン製のノブ

▲ランダム・ポール・ピースのピックアップ

▲バック

オリジナル・コンディションの要素ばかりで構成されたスラブボード期で、しかもブロンド。当然、値段も張るが、探してもなかなか出てこないアイテムだ。

 

ディアプルーデンス/村上さんから

このギターは去年、フィラデルフィアのショーで、現地のミュージシャンから仕入れました。その時、彼はワンオーナーと言っていました。自己申告なので本当にワンオーナーかどうかはわかりません(笑)が、コンディションがとてもいいのは間違いないです。このギターは日本に来てからも、中の配線などをケアする必要はありませんでした。当然、サウンドも良好です。

 


FENDER Stratocaster 1961年 Blond

Bookmark取材協力店 : Dear Prudence

https://www.j-guitar.com/shop/detail.php?shop_id=16

価格=ASK (価格は取材(2020年4月)時点のものです。)

 


取材協力店

東京・中目黒のヴィンテージ・ギター専門店

“Dear Prudence”

ディア・プルーデンスは、海外からの仕入れたアイテムに強いヴィンテージ・ギター&アンプの専門店。フェンダー、ギブソンだけでなく、リッケンバッカー、グレッチ、ヘフナー、VOXなど、店名の由来となっているビートルズ関係のギターは特に豊富。それに加えて、アンプやエフェクターもヴィンテージ品を中心に取り扱っている。

商品はコレクション向けだけでなく、プレイヤーズ・コンディション品やトリビュート・バンド御用達のモディファイ品まで様々。気になるギターがあれば問い合わせてみよう。


Dear Prudence

https://www.j-guitar.com/shop/detail.php?shop_id=16
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-6-1 幸田ビルMB1
TEL:03-3780-5329 / FAX:03-3780-5329

営業時間 / 定休日:水, 木, 金 PM 3:30~PM 8:00 土, 日, 祝 PM 2:30~PM 7:00 *海外買付けなどで臨時休業することがありますので出来ましたらご来店の際は事前にご連絡下さい。 (特に初めての方や遠方からいらっしゃる方などご来店の際は前もってご連絡下さいますようお願いいたします。)   / 毎週月曜、火曜日定休


「Jギターで探す」の「同店の在庫(ディア・プルーデンス)」で貼りこみ

 

-Bookmark, ショップインフォ
-, , , ,

© 2020 ギタータウン