ニュース 製品

Fender American Vintage IIシリーズ登場

フェンダーからAmerican Vintage IIの発売がアナウンスされた。American Vintage IIはアメリカのコロナにあるフェンダー工場で製造され、ヴィンテージ・スタイルのモデルでは最も人気が高い。ヴィンテージ・モデルを製品の特徴を捉え、当時の個性を際立たせた仕様を持つ。この数年、American Originalシリーズがその役割を担ってきたが、今回はAmerican Vintageの名前が復活した。

今回は、コロナ工場製の主力モデルのアップデートなので多数のモデルが登場した。モデルとしてはテレキャスター、ストラトキャスター、ジャズマスター、ジャズベース、プレシジョンベースだ。それを特徴が異なる50年代、60年代、70年代の年代別に分類。派生モデル、左用などもラインナップしているため、非常に多くのモデルがラインナップした。ストラトキャスターこそ57年/61年という代表的な年代だが、テレキャスターは52年の名前ではなく、ヘッドにTelecasterの名前が入った51年9月以降というタイムラインに準拠した51年を、ジャズベースはネック・バインディングありで、ドット・ポジションの66年を、というように、これまでとは異なる年代をモチーフにしているモデルもある。これらはすでに代表的な年代のヴィンテージ・シリーズを所有している人には嬉しい年代だ。さらに、特殊なブリッジサドルを用意した54年プレシジョン・ベースやCuNiFeマグネット使用のワイドレンジ・ハムバッカー搭載テレキャスターなどはマニアックでもある。

時代背景、各モデルの時代的な特徴を速報スタイルで簡単にレビューしよう。

記事目次

 

50年代モデル

フェンダー社を創業したレオ・フェンダー氏は、50年代にソリッドのエレキギター「テレキャスター」「ストラトキャスター」を開発。エレキベースの「プレシジョン・ベース」はエレクトリックかどうか以前に“フレット付きのベース”という楽器カテゴリー自体を生み出した。レオは楽器史に名を刻む発明王である。これらの製品は発売当時から好セールスを記録し、カントリー系のギタリストたちに爆発的に広まり、後のロックに繋がるアーチストの創造性を刺激した。いずれも60年代に改良が加えられるが、それらは改良というより、現在ではバリエーションとして捉えられるほど、50年代のモデルは完成度が高い仕様だ。

American Vintage II‘51 Telecaster 1951年9月以降に“Telecaster”デカールが入ったヘッドのモデル

▲American Vintage II‘51 Telecaster
価格=324,500円(税込)

 

▲Butterscotch Blond

初の量産型ソリッド・ギターであるテレキャスター。ソリッドギター最初期のモデルなので、短期間に名称や仕様変更を受けた歴史がある。今回、American Vintage IIでは51年タイプとなる。ボディ材にはアッシュを使用し、Butterscotch Blondeフィニッシュにブラックのピックガードというこの時点のテレキャスターのルックスだ。ネックはメイプルのワンピースで、グリップは1951 “U”シェイプとなっている。ヘッド部に(製品名がないNo casterではなく、)Telecasterのデカールがある51年9月以降のイメージなのだろう。12フレットのポジション・マークの間隔が若干狭く、Phillipsヘッドファスナーがトラスロッドのナット部にある。ブリッジはブラス製サドルの3wayブリッジ。チューナーはヴィンテージスタイルのFender Deluxeチューナー。ピックアップはPure Vintage‘51 Telecasterで、一般的な3ポジションのピックアップ・セレクターとマスター・ボリュームとマスター・トーンを装備している。

 

 

《Spec》

■Body Material:Ash
■Body Finish:Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck:1-Piece Maple, 1951 “U”
■Neck Finish:Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard:Maple, 7.25” (184.1 mm)
■Frets:21, Vintage Tall
■Position Inlays:Black Dot (Maple)
■Nut (Material/Width):Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines:Pure Vintage Single Line “Fender Deluxe”
■Scale Length:25.5” (64.77 cm)
■Bridge:Pure Vintage 3-Saddle Tele® with Brass Barrel Saddles, Serialized
■Pickguard:1-Ply Black Phenolic
■Pickups:
Pure Vintage ‘51 Single-Coil Tele® (Bridge)
Pure Vintage ‘51 Single-Coil Tele® (Neck)
■Pickup Switching:3-Position
■Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
■Controls:Master Volume, Master Tone
■Control Knobs:Knurled Dome
■Hardware Finish:Nickel/Chrome
■Strings:Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag:Vintage-Style Tweed (Crushed Red Interior)

▲American Vintage II‘51 Telecaster Left Hand
価格=324,500円(税込)

 

American Vintage II‘57 Stratocaster 50年代ストラトのマスターピースとしての57年モデル

 

▲American Vintage II‘57 Stratocaster
価格=313,500円〜324,500円(税込)

 

▲2 Color Sunburst▲Sea Foam Green

▲Vintage Blonde

 

ストラトキャスターの初登場は1954年だ。ストラトキャスターは、ダブルカットのボディのアウトライン、トップ&バックのコンター加工、3つのピックアップの搭載、シンクロナイズド・トレモロなどが特徴だ。発売直後から細部を様々に変更されるが、仕様が安定し、有名ギタリストたちの使用で評価が高いのが57年頃となる。American Vintage IIではその57年製を基にしている。ネックはメイプル材の1ピースで、グリップは1957 “V”のシェイプだ。トレモロにはPure Vintage Synchronized Tremoloを採用。これは現代ではオーソドックスとなったヴィンテージ・スタイルで、ベンド・スチール・サドルを使っている。ピックアップはアメリカ製フェンダーの中核をなすPure Vintage‘57 Single-Coil Stratを3つ搭載。セレクターは使いやすい5ポジションだ。ピックガードは1プライである。今回のカラーは、57年当時の基本カラーの2-Color SunburstとレアなSea Foam Greenがボディ材にアルダー材を使用し、価格が313,500円(税込)。Vintage Blondeカラーはボディ材がアッシュで324,500円(税込)となる。

 

 

《Spec》

■Body Material:Alder (803, 849), Ash (807)
■Body Finish:Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck:1-Piece Maple, 1957 “V”
■Neck Finish:Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard:Maple, 7.25” (184.1 mm)
■Frets:21, Vintage Tall
■Position Inlays:Black Dot (Maple)
■Nut (Material/Width):Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines:Pure Vintage Single Line “Fender Deluxe”
■Scale Length:25.5” (64.77 cm)
■Bridge:Pure Vintage Synchronized Tremolo with Bent Steel Saddles
■Pickguard:1-Ply Parchment
■Pickups:
Pure Vintage ‘57 Single-Coil Strat® (Bridge), Pure Vintage ‘57 Single-Coil Strat® (Middle), Pure Vintage ‘57 Single-Coil Strat® (Neck)
■Pickup Switching:5-Position
■Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Middle Pickup, Position 3. Middle Pickup, Position 4. Middle and Neck Pickup, Position 5. Neck Pickup
■Controls:Master Volume, Tone 1. (Neck/Middle Pickups), Tone 2. (Bridge Pickup)
■Control Knobs:Aged White
■Hardware Finish:Nickel/Chrome
■Strings:Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag:Vintage-Style Tweed (Crushed Red Interior)

▲American Vintage II‘57 Stratocaster Left Hand
価格=313,500円〜324,500円(税込)

 

American Vintage II‘54 Precision Bass ファイバー・サドルを使った初期のプレベ

▲American Vintage II‘54 Precision Bass
価格=324,500円(税込)

▲ 2 Color Sunburst▲Vintage Blonde

 

プレシジョン・ベースが登場するまではベースとして使われていたコントラバスは、大型なので持ち運びにくく、フレットがないので正確な音程を得るには一定の習熟が必要だった。それをレオ・フェンダーはベースをテレキャスターと同じ発想のソリッド・ボディ、フレッテッドの楽器としたプレシジョン・ベースを考案した。一定の仕様に安定する1954 年当時のプレシジョン・ベースとして、American Vintage IIにラインナップされている。
ボディ材はアッシュで、ヴィンテージ・ブロンドのカラー。ピックガードは後年と異なる形状で、ホワイトカラーとなっている。ネックは1ピースのメイプル材で、1954 “C”のグリップだ。ヘッドの形状もテレキャスターの外形をモチーフにしている。ピックアップはʼ54 Single-Coil Precision Bassを1つ搭載。P.U.カバーやフェンスを使っていない。ブリッジもファイバーサドル付きのPure Vintage 2-saddle Precision Bassを採用している。このブリッジ・サドルはこのモデルのためだけに用意された。ルックス面だけでなく、サウンドや演奏時のフィーリングが後年のプレシジョン・ペースとは異なる。だからこそ、後年のモデルのオーナーにも試してもらいたい、もうひとつのプレシジョン・ベースと言えそうだ。

 

《Spec》

■Body Material: Ash
■Body Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck: 1-Piece Maple, 1954 “C”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Maple, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 20, Vintage Tall
■Position Inlays: Black Dot (Maple)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.70” (43.2 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Reverse Open-Gear
■Scale Length: 34” (86.36 cm)
■Bridge: Pure Vintage 2-Saddle Precision Bass® with Fiber Saddles, Serialized
■Pickguard: 1-Ply Parchment
■Pickups: (Bridge), Pure Vintage ‘54 Single-Coil Precision® (Middle), (Neck)
■Controls: Master Volume, Master Tone
■Control Knobs: Knurled Dome
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 9050L Stainless Steel Flatwound (.045-.100 Gauges), PN 0739050403
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Tweed (Crushed Red Interior)

 

60年代モデル

1960年代にフェンダー社は大きく変貌する。というのも、レオ・フェンダー氏が会社を売却して去ったこととギター市場が大幅に拡大し、音楽シーンもサーフ・ミュージックが流行、ロックなどが台頭した。この流れを受けて、フェンダーも製品をメジャー・アップデートした。50年代はメイプル1ピースのネックが標準だったが、60年代には経年変化による変色と塗装部の減りがないローズウッド指板を貼ったネックが中心となる。これにより、サウンドもトゥワンギーさが特徴の50年代とは異なるようになった。また、ネックのグリップのシェイプ、パーツ類の見直し、ロゴマークのデザイン変更、豊富なカラーバリエーションも登場する。製品の完成度が高まり、ユーザーの嗜好に合う選択肢も増えた。

 

American Vintage II‘63 Telecaster クレイ・ドット、ラウンド貼りのローズ指板のテレキャスター

▲American Vintage II‘63 Telecaster
価格=313,500円〜324,500円(税込)

▲3 Color Sunburst ▲Crimson Red▲Surf Green

 

60年代時点でロングセラーとなっていたテレキャスターだが、年ごとに細部が異なるがAmerican Vintage IIシリーズでは63年スタイルとしてリリースしている。発売されたカラーのCrimson Redはボディ材がマホガニー(!)とSurf Greenはアルダーである。 ネックはメイプルで、63年当時のグリップとされる1963“C”シェイプだ。指板はローズウッドとなり、本モデルでは、リイシューでは珍しいラウンド貼りだ。12フレットのクレイドットのポジション・マークの間隔が狭い。ピックアップは‘63 Single-Coil Teleを搭載し、ピックガードは3プライとなる。

 

《Spec》

■Body Material: Alder (857), Mahogany (838)
■Body Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck: Maple, 1963 “C”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Round-Laminated Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Clay Dot (Round-Laminated Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Single Line “Fender Deluxe”
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage 3-Saddle Tele® with Threaded Steel Barrel Saddles
■Pickguard: 3-Ply Parchment
■Pickups:
Pure Vintage ‘63 Single-Coil Tele® (Bridge)
Pure Vintage ‘63 Single-Coil Tele®(Neck)
■Pickup Switching: 3-Position
■Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position3. Neck Pickup
■Controls: Master Volume, Master Tone
■Control Knobs: Knurled Flat-Top
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Brown (Orange Interior)

American Vintage II‘61 Stratocaster ヴィンテージ・ストラトの定番仕様ばかりで構成された61年タイプ

▲American Vintage II‘61 Stratocaster
価格=313,500円(税込)

▲ 3 Color Sunburst▲ Olympic White

 

ストラトキャスターの歴史で仕様面の完成度の高さや愛用していたギタリストの顔ぶれでも人気があるのは60年代初期のモデルだ。American Vintage IIでは、61年としてラインナップされる。メイプル材のネックにローズウッド材の指板をラミネートしている。60年代初期はラウンドさせない指板材(スラブボード)を使用しており、ネックの振動を適度に制御するので、ブルースや後年のロックギタリストなどラウドな音楽に対応しやすかった。その特徴に加えて、ネックの1961“C”グリップが弾きやすく、人気の秘訣となっている。また、ピックガードが3プライとなり、オリンピック・ホワイトまたは3トーン・サンバーストがラインナップする。ヘッドとデカールのデザインもまとまっている。

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck: Maple, 1961 “C”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Slab Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Clay Dot (Slab Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Single Line “Fender Deluxe”
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage Synchronized Tremolo with Bent Steel Saddles
■Pickguard: 3-Ply Mint Green
■Pickups:
Pure Vintage ‘61 Single-Coil Strat® (Bridge)
Pure Vintage ‘61 Single-Coil Strat® (Middle)
Pure Vintage ‘61 Single-Coil Strat® (Neck)
■Pickup Switching: 5-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Middle Pickup, Position3. Middle Pickup, Position 4. Middle and Neck Pickup, Position 5. Neck Pickup
■Controls: Master Volume, Tone 1. (Neck/Middle Pickups), Tone 2. (Bridge Pickup)
■Control Knobs: Aged White
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Brown (Orange Interior)

▲American Vintage II‘61 Stratocaster Left Hand
価格=313,500円(税込)

 

American Vintage II‘66 Jazzmaster カラフルでゴージャスな60年代中期のジャズマスター

▲American Vintage II‘66 Jazzmaster
価格=357,500円(税込)

 

ジャズマスターは50年代終盤にレオがジャズギタリストを対象に開発した。それが60年代に入り、仕様変更され、サーフミュージックをはじめとする当時の音楽シーンを反映してリニューアルされた。American Vintage IIでは、66年スタイルとして登場する。仕様面では、Pure Vintage ‘66 Single-Coil Jazzmasterピックアップと様々なサウンドを生み出すジャズマスター固有のコントロールを装備。ジャズマスター専用のフローティング・トレモロ・ブリッジを採用している。60年代イメージの仕様では、1966“C”のネック・クリップ、ホワイトのネック・バインディングと大型なブロック・インレイ、Dakota RedとLake Placid Blueのカラーではマッチング・ヘッド、3トーン・サンバーストではべっ甲柄ピックガードなどだ。

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Nitrocellulose Lacquer
■Neck: Maple, 1966 “C”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Bound Round-Laminated Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Pearloid Block (Bound Round-Laminated Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Single Line “Fender Deluxe”
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage Jazzmaster® with Threaded Steel Barrel Saddles
■Pickguard: 3-Ply Parchment (802, 854), 4-Ply Tortoiseshell (800)
■Pickups:
Pure Vintage ‘66 Single-Coil Jazzmaster® (Bridge),
Pure Vintage ‘66 Single-Coil Jazzmaster® (Neck)
■Pickup Switching: 3-Position Toggle (Lead Circuit)
■Auxiliary Switching:
2-Position On/Off Slide Switch for Switching Between “Lead” and “Rhythm” Circuits
■Controls: Lead Circuit Controls (Slide Switch Down):
Master Volume, Master Tone; Rhythm Circuit
■Controls (Slide Switch Up):
Two Thumbwheel Controls for Neck Pickup Volume and Tone
■Control Knobs: White “Witch Hat”
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

 

American Vintage II‘60 Precision Bass 不朽の名作 これぞプレベ!

▲American Vintage II‘60 Precision Bass
価格=313,500円(税込)

▲3 Color Sunburst ▲Daphne Blue▲Black

 

不朽の名作であるプレシジョン・ベースの基本形は、この60年代スタイルだろう。50年代スタイルはテレキャスターのイメージだった。これに対し、60年代以降はヘッド形状やボディトップのコンター加工、大型ピックガードなどにストラトキャスターの影響が見られる。ピックアップもコイルが3、4弦と1、2弦に分けられ、ノイズ対策がされる。また、ナット幅43.2mmのネックとスラブボードと呼ばれるローズウッド指板がエレキベースのスタンダードとしてのサウンドを生み出す。American Vintage IIではこれらの特徴を過不足なく持っており、ピックガードも4プライのべっ甲柄になるなどデザイン面でも60年代スタイルとなっている。

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck: Maple, 1960 “C”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Slab Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 20, Vintage Tall
■Position Inlays: Clay Dot (Slab Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.70” (43.2 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Reverse Open-Gear
■Scale Length: 34” (86.36 cm)
■Bridge: Pure Vintage 4-Saddle with Threaded Steel Saddles
■Pickguard: 4-Ply Tortoiseshell (804), 4-Ply Tortoiseshell (800, 806)
■Pickups: (Bridge), Pure Vintage ‘60 Split-Coil Precision® (Middle), (Neck)
■Pickup Switching: None
■Controls: Master Volume, Master Tone
■Control Knobs: Knurled Flat-Top
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 7250M Nickel Plated Steel (.045-.105 Gauges), PN 0737250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Brown (Orange Interior)

 

American Vintage II‘66 Jazz Bass ネック・バインディングとドット・ポジションの異色の組み合わせ

▲American Vintage II‘66 Jazz Bass
価格=357,500円(税込)

▲3 Color Sunburst▲Olympic White

 

フェンダー製ベースのもうひとつの傑作であり、フェンダー社内でも様々な発展形が生まれたのはジャズベースだ。元々はレオ・フェンダーが設計し、ナローネックの高い演奏性や左右非対称のオフセット・ボディ、ノイズ対策済のピックアップを2つ搭載した幅広いサウンドなどを基本としていた。これを60年代中期に発展させたのが今回の66年頃のモデルだ。今の視点でヴィンテージ・スタイルのジャズ・ベースといえば60年代中期となる。American Vintage IIでは、ナローなメイプル・ネックは1966 “U”シェイプのグリップ。パール・ドットのポジション・マークに、ホワイトのネック・バインディングが組み合わせており、他のラインナップでは見られない特徴で、これを66年モデルとしているようだ。2つのPure Vintage ‘66 Jazz Bassピックアップを搭載し、2つのボリュームとマスター・トーンでコントロールする。ピックガードは4プライのべっ甲柄となっている。

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Neck: Maple, 1966 “U”
■Neck Finish: Gloss Nitrocellulose Lacquer
■Fingerboard: Bound Round-Laminated Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 20, Vintage Tall
■Position Inlays: White Pearloid Dot - 7mm (Bound Round-Laminated Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.5” (38.1 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage ‘Lollipopʼ
■Scale Length: 34” (86.36 cm)
■Bridge: Pure Vintage 4-Saddle with Threaded Steel Saddles
■Pickguard: 4-Ply Tortoiseshell
■Pickups:
Pure Vintage‘66 Single-Coil Jazz Bass® (Bridge)
Pure Vintage‘66 Single-Coil Jazz Bass®(Neck)
■Pickup Switching: None
■Controls: Volume 1. (Middle Pickup), Volume 2. (Bridge Pickup), Master Tone
■Control Knobs: Black Plastic, Vintage-Style Black Plastic Jazz Bass®
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 7250M Nickel Plated Steel (.045-.105 Gauges), PN 0737250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

▲American Vintage II‘66 Jazz Bass Left Hand
価格=357,500円(税込)

 

70年代モデル

70年代になると音楽シーンは大変な多様化をするが、ベトナム戦争によるアメリカでの景気/社会不安などもあり、製品開発は必ずしも「進化」とだけでは評価できない変化も経験する。しかし、American Vintage IIシリーズでは、パーツの進化がもたらしたバリエーション・モデルを中心にモデルをラインナップした、前向きなアプローチを見せている。特にAuthentic CuNiFe Wide-Range Humbuckingピックアップは1981年で製造が中止になったCuNiFeマグネットを復活させるなど力が入っている。また、50年代、60年代モデルと違い、ポリウレタン塗装なのも70年代モデルの特徴だ。

 

American Vintage II‘73 Statocaster マイクロ・チルト機構を使った3点止めネックジョイントのストラト

▲American Vintage II‘73 Statocaster
価格=324,500円(税込)

▲ Lake Placid Blue▲Mocha

 

70年代にはハードロックを中心に、70年代のストラトキャスターをマストアイテムにするギタリストも多い。また、ポップスが世界的に広まった時期に最も愛用されたこともあるので、70年代風のラージヘッド、ピックガード、ノブなども人気となる。ボディ材はアッシュ、ネック材はメイプルで1973“C”グリップ。指板はメイプルかローズウッドだ。ピックガードも3プライの黒/白/黒またはパーチメント、ノブはヴィンテージホワイトとなる。塗装もポリウレタン塗装だ。デザイン的に70年代らしい独特の仕様だ。Bulletスタイル・トラスロッド・ナット、Micro-Tilt付きの3ボルト式ネックプレートなどを装備はメンテナンス性を向上する一方、サウンドにも影響するため、歴史的評価が分かれる。だが、70年代ストラトキャスターのマストアイテムと思う人にとっての重要要素なので、American Vintage IIでのラインナップは貴重だ。

《Spec》

■Body Material: Ash
■Body Finish: Gloss Polyurethane
■Neck: Maple, 1973 “C”
■Neck Finish: Gloss Polyurethane
■Fingerboard: Maple or Round-Laminated Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Black Dot (Maple), White Pearloid Dot - 7mm (Round-Laminated Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Fender® “F” Stamped
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: American Vintage Synchronized Tremolo with “Ash Tray” Bridge Cover
■Pickguard: 3-Ply Black/White/Black (829), 3-Ply Parchment (802, 834)
■Pickups:
Pure Vintage ‘73 Single-Coil Strat® (Bridge)
Pure Vintage ‘73 Single-Coil Strat® (Middle)
Pure Vintage ‘73 Single-Coil Strat® (Neck)
■Pickup Switching: 5-Position
■Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Middle Pickup, Position 3. Middle Pickup, Position 4. Middle and Neck Pickup, Position 5. Neck Pickup
■Controls: Master Volume, Tone 1. (Neck/Middle Pickups), Tone 2. (Bridge Pickup)
■Control Knobs: Aged White
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

American Vintage II‘72 Telecaster Thinline CuNiFeマグネットのピックアップを搭載したシンライン

▲American Vintage II‘72 Telecaster Thinline
価格=357,500円(税込)

▲Aged Natural


▲Lake Placid Blue

▲3 Color Sunburst

60年代後半にテレキャスターの新機軸として登場したシンライン。これはボディをくり抜くセミホロー構造でエアー感を出そうとする仕組みだ。当初はシングル・ピックアップが搭載されていたが、72年からはセス・ラバーがフェンダーで開発したワイドレンジ・ハムバッカーを搭載するモデルチェンジを受ける。American Vintage IIでは、72年スタイルとしてシンラインをリリースした。ボディ材はアッシュ。Authentic CuNiFe Wide-Range Humbuckingピックアップを2つ搭載。後述のデラックス/カスタム同様にCuNiFeマグネットを復活させて、使用したAuthentic CuNiFe Wide-Range Humbuckingピックアップこそ目玉トピックだろう。1ボリューム、1トーンのコントロール、4プライのパーロイドのピックガードを採用している。

《Spec》

■Body Material: Semi-Hollow Ash
■Body Finish: Gloss Polyurethane
■Neck: 1-Piece Maple, 1972 “C”
■Neck Finish: Gloss Polyurethane
■Fingerboard: Maple, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Black Dot (Maple)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Fender® “F” Stamped
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage 6-Saddle String-Through Body Hardtail with Bent Steel Saddles
■Pickguard: 4-Ply Aged White Pearloid
■Pickups:
Authentic CuNiFe Wide-Range Humbucking (Bridge),
Authentic CuNiFe Wide-Range Humbucking (Neck)
Pickup Switching: 3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
■Controls: Master Volume, Master Tone
■Control Knobs: Knurled Flat-Top
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

 

American Vintage II‘75 Telecaster Deluxe 2ハムとストラトヘッド、デラックス仕様のテレキャスター

▲American Vintage II‘75 Telecaster Deluxe
価格=357,500円(税込)

▲3 Color Sunburst▲Mocha

▲Black

 

テレキャスター・デラックスは、ワイドレンジ・ハムバッカーをフィーチャーしたフェンダーの初めての2ハムバッカー・モデルだ。ボディ材はアッシュで、ネック材、指板材もメイプルだ。ヘッドは当時のストラトキャスターと同じラージヘッドという異色のテレキャスター。ピックアップはAuthentic CuNiFe Wide-Range Humbuckingを2つ搭載し、コントロールも2ボリューム、2トーンである。2つのピックアップのボリューム/トーンが独立しているので、ミックス・ポジションでのサウンド・バリエーションは大変魅力的だ。ストラトキャスターのヘッド、ミディアム・ジャンボのフレット、フラットな9.5インチRの指板、バックコンターなどフェンダーでは型破りな仕様を多数組み合わせている。デラックスの名称通り「デラックス・チューナー」を採用。当時はさほど人気はなかったが、後のラウドやオルタナのギタリストに愛用者が多く、リイシューの流通数は多い。中でも今回のAmerican Vintage IIはオリジナルと同じCuNiFe Wide-Range Humbuckingピックアップを搭載しているので、決定版といえるほどの仕様だ。

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Gloss Polyurethane
■Neck: 1-Piece Maple, 1975 “C”
■Neck Finish: Gloss Polyurethane
■Fingerboard: Maple, 9.5” (241 mm)
■Frets: 21, Medium Jumbo
■Position Inlays: Black Dot (Maple)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Tele® Deluxe
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage 6-Saddle String-Through Body Hardtail with Stainless Steel Block Saddles
■Pickguard: 3-Ply Black/White/Black
■Pickups:
Authentic CuNiFe Wide-Range Humbucking (Bridge)
Authentic CuNiFe Wide-Range Humbucking (Neck)
■Pickup Switching: 3-Position Toggle
Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
■Controls: Volume 1. (Neck Pickup), Volume 2. (Bridge Pickup), Tone 1. (Neck Pickup), Tone 2.
(Bridge Pickup)
■Control Knobs: Skirted Black Plastic with Numbered Indicators
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

 

American Vintage II‘77 Telecaster Custom ネック側のハムP.U.と2V2Tの組み合わせで幅広い音作りのテレキャスター

▲American Vintage II‘77 Telecaster Custom
価格=313,500円(税込)

▲Olympic White ▲Wine

 

テレキャスターの70年代にリリースされたバリエーション・モデルでは、最も人気がある。それは人気ギタリストが黒のモデルを愛用したこととネック側P.U.の太い音とブリッジ側P.U.のシャープな音の切り替えで、当時としては大変幅広いサウンドとなったことが挙げられる。今回は77年スタイルでのリリースなので、ヘッド部のデカールが77年当時のものとなり、カラーはWine RedとOlympic White(とBlack)がラインナップされる。ピックアップの素材の良さと幅広いサウンドで、今の音楽シーンに新たな一歩を踏み出すだろう。

 

(※ボディバックの写真のみBlackのカットを使用しています。)

《Spec》

■Body Material: Alder
■Body Finish: Gloss Polyurethane
■Neck: Maple, 1977 “C”
■Neck Finish: Gloss Polyurethane
■Fingerboard: Maple or Round-Laminated Rosewood, 7.25” (184.1 mm)
■Frets: 21, Vintage Tall
■Position Inlays: Black Dot (Maple), White Pearloid Dot - 7mm (Round-Laminated Rosewood)
■Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
■Tuning Machines: Pure Vintage Fender® “F” Stamped
■Scale Length: 25.5” (64.77 cm)
■Bridge: Pure Vintage 6-Saddle Tele® with Slotted Steel Barrel Saddles
■Pickguard: 3-Ply Black/White/Black
■Pickups:
Pure Vintage‘77 Single-Coil Tele® (Bridge),
Authentic CuNiFe Wide-Range Humbucking (Neck)
■Pickup Switching: 3-Position Toggle
:Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
■Controls: Volume 1. (Neck Pickup), Volume 2. (Bridge Pickup), Tone 1. (Neck Pickup), Tone 2.
(Bridge Pickup)
■Control Knobs: Skirted Black Plastic with Numbered Indicators
■Hardware Finish: Nickel/Chrome
■Strings: Fender® USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges), PN 0730250406
■Case/Gig Bag: Vintage-Style Black (Orange Interior)

 

ギタータウンのコメント

フェンダーでは、90年代初期に「Vintageシリーズ」と「Americanシリーズ」が登場した。ともに歴史的にも、機能的にもカスタムショップほどの攻めた作りにはなっていないが、アメリカのコロナ工場で作られ、実用性が高く、フェンダーのサウンドを楽しむ上で欠かせない2大シリーズだ。元となるモデルが同じヴィンテージ系では、この30年の間、パーツや工法の進化の他、ごく小さなコンセプトの違いだけで、その時代のシリーズを構成してきた。今回も57年ストラトなどの超定番はラインナップされているが、American Vintage IIでは、「え?そこ??!!」というほどの異色モデルが含まれている。特に66年のジャズベースなどは、ヴィンテージでもレアな仕様で、正直なところ忘れていた。しかし、現在の若いベーシストには新鮮に見えるだろう。また、セス・ラバーが開発したピックアップはCuNiFeマグネットを使用していたものだが、これまでのリイシューモデル搭載のワイドレンジP.U.には使われていなかったため、マニアからは形だけの存在として低く見られていた。

30年も定番リイシューを続けていれば、現在のギタリスト/ベーシストは定番モデルはすでに所有しているだろう。American Vintage IIでは、定番以外のモデルにもスポットをあて、しかも、内容的に、愛情をこめ、かなり攻めた仕様となっている。これらのモデルが現在のプレイヤーたちにどう受け取られるかは未知数だが、今回は期待を込めて、大型のニュース記事を作った。現代のフェンダーが作る異色モデルたちにエールを送りたい。


【製品問い合わせURL】

https://www.fender.com/ja-JP/electric-series/american-vintage-ii/

-ニュース, 製品
-, , , ,

© 2022 ギタータウン