ニュース 製品

MXR からCSP039 Duke of Toneが登場

カスタマイズや自らのエフェクター・ブランドANALOG.MANを主宰するアナログ・マイク氏がMXRとコラボレーションした歪み系エフェクターMXR Duke of Toneが発売された。

▲MXR CSP039 Duke of Tone
価格=25,000円(税別)

MXR CSP039 “Duke of Tone”はANALOG.MAN の“King of Tone”を基に再開発したMXRの製品で、アナログ・マイク氏がテストを繰り返して製品化されている。

“King of Tone”はクリアで暖かみがあるサウンドが特徴で、豊富なバリエーションも魅力的な製品だった。 “Duke of Tone”では、そのサウンドを踏襲。VOLUME、DRIVE、TONEの3つのコントロール・ノブと3Wayのモードスイッチでクリッピング・モードを選択できる。

3つのモードは
「BOOST」=ナチュラルなクリーン・ブーストから、アンプをフルドライブさせるゲイン・ブースターまで幅広い使用が可能。
「OD」=粗さとコンプレッションをもつクランチ・サウンド。
「DIST」=ODモードより、さらに深いドライブ・サウンド。
となっている。

また、小型筐体の採用でエフェクター・ボード内で自由度の高い配置に対応しやすい。


【製品問い合わせURL】

https://moridaira.jp/posts/mxr-csp039

-ニュース, 製品
-, ,

© 2022 ギタータウン