ニュース 製品

YAMAHA PACIFICA 612VIIX/FMXが発売予定

ヤマハから2021年1月下旬に『PACIFICA 612VIIX』『PACIFICA 612VIIFMX』が発売される。

パシフィカは90年代はじめにアメリカのYGD(Yamaha Guitar Development)で開発されたエレクトリック・ギター。筆者はその開発の舞台裏を取材した経験がある。YGDではギター開発の当時の第一人者3名が、アメリカのミュージシャンの意見を元に、最新のコンピューターによる解析。パシフィカ、ウェディントン、アチチュードとしてリリースされた。それらはトラディショナルに範を取りながら、ほぼ全ての部分の基本設計を合理的に独自解釈。以後、素材、搭載パーツ、演奏性などを着実に変化させつつ、ヤマハを代表するギターのパシフィカ、ベースのアチチュードとして進化を続けている。

本機はPACIFICA612VIIFMを基に
・ボディ・カラーを一新
・ネックとボディの仕上げを変更
・ピックアップをSeymour Duncanの「SSL-1」(ネック側)「SSL-1 RwRp」(センター)、「Custom5」(ブリッジ側)に搭載
したモデルだ。

PACIFICA 612VIIX
価格=76,000 円(税別)

PAC612VIIX TGM

 

PAC612VIIX MSBボディ、ネック裏がサテンフィニッシュタイプ

 

PAC612VIIX YNSボディ、ネック裏がサテンフィニッシュタイプ

 

PACIFICA 612VIIFMX
価格=76,000 円(税別)

PAC612VIIFMX FRD


ボディはダブルカッタウエイ、今回のモデルはアルダー材。FMXはトップにフレイム・メイプルを貼っている。ネックはメイプル、指板はローズウッドだ。


PUは前述の通り、コントロールは1V1Tのシンプルな操作だが、SSHのPU配列と5ウエイスイッチ、コイルタップにより、多彩なサウンドが得られる。

ブリッジはWilkinson社製のVS-50搭載。2点支持のスムーズなトレモロ動作と安定したチューニングを提供する。

ギタータウンのコメント

パシフィカは登場から30年経過した。その間、高額なモデルなどもあったが、現在では10万円未満のモデルを中心に展開してる。ヤマハのギターは、優れた基本設計と日本の会社が得意とする品質管理により、音が良く、弾きやすい。コスパが良いのが特徴だ。そのため、初心者でも安心して使える上に、今回の600シリーズなどではサウンドも期待できる。音楽教室などで幅広く使われていることからもよくわかる。もし、ギターの購入に迷ったら、600シリーズの中から、好きな色を選んでコレ!と選んでおけば間違いない選択だろう。

本品は本日からのオンライン版『2020楽器フェア』のタイミングで発表されたが、発売は2021年1月発売予定だ。


【製品URL】

https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/guitars_basses/el_guitars/pacifica/pac_600.html#product-tabs/

-ニュース, 製品
-

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5