ニュース 製品

Carl Martinからトレブル・ブースター+オーバードライブのPlexiRangerが発売

デンマークがCarl MartinからPlexiRanger(プレキシレンジャー)が登場した。本品は1960年代から70年代にかけて、英国のロック・レジェンドが愛したサウンドの再現を目指したオーバードライブ・ペダルだ。当時のロックレジェンドたちはマーシャルやヴォクスのアンプを使い、そのアンプが生み出すボトム・エンドに、別途高域の歪みを追及するトレブル・ブースターなどを組み合わせていた。このプレキシレンジャーでは、プリ・ゲイン・ブースト・チャンネルにオーバードライブ・ゲイン・チャンネルを追加するという独自のコンビネーションを1台で再現している。

Carl Martin PlexiRanger
価格=オープン

PlexiRanger では、プリ・ゲイン・チャンネル(本体右側)とオーバードライブ・チャンネル(本体左側)の2つを1台に内蔵しており、それらを単独または同時に使用できる。各部の動作は下記スペック内表記をご覧いただきたい。

プリゲイン・チャンネルの出力をオーバードライブ・チャンネルにより多く送ることができるので、大きなゲインとサステインを生み出す。もちろん低いゲイン設定、単独での使用でも使用できる。

なお、Carl Martinの最近のモデルに採用されているDC/DCコンバーターにより、内部では±12 V DCで動作しており、優れた音質とヘッドルームを持っていることも特筆できる。なお、市場想定価格=18,000円(税別)。発売日は2020年12月18日(金)からとなっている。

※デモビデオ(英語)

《SPEC》

[プリゲイン・チャンネル部]
■BOOSTノブ:最大+15 dBのブースト量を調整
■FREQノブ:トレブル・ブースターの周波数を設定
■RANGEノブ:トレブル・ブースターのブースト量を調整
■LO CUTミニ・スイッチ:Loカットの設定
1: 少量のローカットをする 2: 大幅ローカットする 0: ローカットをしない
■BOOSTフット・スイッチ:プリゲイン・ブースト・チャンネルのオン/オフ
※プリゲイン・ブースト・チャンネルは独立して動作するので、トレブルブースターとして機能する。

[オーバードライブ・チャンネル部]
■GAINノブ:ドライブ量を調整
■TONEノブ:ドライブサウンドのトーンを調整
■LEVELノブ:エフェクトの全体的な出力レベルを設定
■PLEXIフットスイッチ:オーバードライブチャンネルのオン/オフ(オンでレッド
■LEDが点灯)

■INPUTジャック:標準フォーン(TS)入力
■OUTPUTジャック:標準フォーン(TS)出力
■REMOTEジャック:標準フォーン(TS)
※ブースト・チャンネルのオン/オフを外部スイッチャーでのコントロールが可能
9V DCジャック:別売りのACアダプターを接続

■重さ:420 g
■最大消費電流:100 mA
■電源: 別売り9V出力ACアダプター (センターマイナス、10 mA以上、2.1 mm径)


【製品URL】
https://hookup.co.jp/products/carl-martin/plexiranger

-ニュース, 製品
-

© 2021 ギタータウン Powered by AFFINGER5