ニュース 製品

IKUOが愛用するAMAZE 彼のシグネチャーが限定発売

▲ESP AMAZE-5-190
価格=オープン

BULL ZEICHEN 88やRayflowerなどのバンドでの活動の他、多くのセッションやレコーディングで活躍するテクニカル・ベーシストIKUO。彼が現在愛用しているベースをシグネチュア・モデルAMAZE-5-190として発売。限定数は20本だ。(市場実勢価格 620,000円(税別))

このベースはESP AMAZEを基にしている。スペックは、ボディ材にアルダーを使用し、フレイム・メイプルをトップにラミネート。ネックには濃い茶褐色のヘヴィ・ローステッド・メイプル(※1)を、そして指板には人工素材の先駆けでもあるリッチライト(※2)が使われている。これらの新しい素材を選択したことで、彼の活躍、つまり、売れっ子ベーシストとしての、過酷な環境下でネックの変化を最小限に抑え、常に安定したプレイが行えるようにするための選択だ。

ピックアップにはESP Custom Lab IKUO Customを2基搭載し、ピックアップの間にはフィンガー・ランプを配しており、フィンガリングをサポートしている。

ブリッジはHIPSHOT STYLE-A Aluminum、ペグは同じくHIPSHOT Ultralite。また、EQ回路にはESPシナモンを内蔵しており、18V駆動させることでより幅広いサウンドメイクが可能となっている。

ボディバックのバッテリーパネルには直筆サインが入っている。

 

※1 ハードメイプルにローステッド処理を施したもの。無酸素状態で窒素加圧加熱処理を行い、木材中の水分を極力減らす事で外気からの湿度の影響を受けにくくし、樹脂等を結晶化させることで木材自体の強度や剛性を高めることで、ネック反りなどの変化を抑えることが出来ます。本モデルに使用しているものは一般的な温度より高い温度で処理しているため濃い色調になっています。

※2 リッチライト社が開発した木繊維(主に再生紙)を圧縮し、樹脂で固めた人工素材。古くから様々な用途で使用されており、天然の木材に比べて安定した形状が得られる為、楽器では指板に用いられることが多い。


■フィンガー・ランプ
ピックアップの間には、フィンガー・ピッキングの補助するフィンガー・ランプが設置されている。高さも変えらるので、好みに合わせて調整する事もできる。

■ロータリー・ランプ
指板の延長線上にはロータリー・ランプを装備。ロータリー奏法やスラップ奏法などの際に効果を発揮する。

■コントロール部
通常のAMAZEと同じくEQ回路にはESPシナモンを内蔵。小さいノブは、トレブル(アクティブ・ブースト&パッシブ・カット)、ミッド(ブースト&カット)、ベース(ブーストのみ)となっている。

また、ベースには珍しくバランサーではなくスイッチでピックアップを切り替えるスタイルだ。

《SPEC》

■BODY :(Top)Flamed Maple, (Back)Alder (Thickness 42mm) ■NECK:Heavy Roasted Hard Maple ■FINGERBOARD:Richlite, 21frets ■INLAY:(Top)Luminlay VGT-60L, (Side)Luminlay SGM-46L ■SCALE:864mm ■NUT:Born (46mm) ■CONSTRUCTION:Bolt-on (6-Bolts) ■TUNER:HIPSHOT Ultralite ■BRIDGE:HIPSHOT STYLE-A Aluminum ■PICKUPS:(Neck)ESP Custom Lab IKUO Custom DC (Bridge)ESP Custom Lab IKUO Custom DC ■CONTROLS:Master Volume, 3 BAND EQ(ESP CINNAMON), PU Select Switch, EQ Thru Switch ■COLOR:Rose Red


【製品問い合わせURL】

https://espguitars.co.jp/productinfo/16970

-ニュース, 製品
-,

© 2020 ギタータウン